Image Annotator

Web Annotation JSON-LDで記述した画像アノテーション、もしくはIIIFプレゼンテーションAPIによるマニフェストJSON-LDを読み込んで画像と注釈を表示します。その画像の部分に対する注釈(Web Annotation)を追加することもできます。画像URI(拡張子.jpgなどで判定、もしくはforce as imageをチェック)を与えると、注釈作成ツールとして機能します。追加・作成した注釈は「Show JSON-LD」ボタンで表示して、適宜保存してください。

Will display image(s) and annotations described with Web Annotation JSON-LD, or images listed in a IIIF presentation API manifest JSON-LD. You can add Web Annotations on those images. If the URI is for an image (extension jpg, png, etc. or check 'force as image'), then this will be your annotation tool (New annotations can be displayed by "Show JSON-LD" button. Save them by yourself). ※tiledesc error for new image fixed.

auパラメータ(additonal uri)で注釈JSON-LDを与えると、最初のURI(uパラメータ)で取得した画像に注釈を追加し多重化できます。注釈はフォームから与えることも可能です。

With au (additional uri) parameter, more annotations from different source can be added to the images obtained by the u parameter. Also you can try Annotation form.

Annotation Examples

Web Annotations

IIIF Manifests (external)

IIIFはカンバスにズームレベルに応じた画像を描画するので、ここでの注釈にはresourceの@idとして指定された実画像のURIを用い、異なるサイズでも対応できるようにパーセントで領域を示します。

Since IIIF paints different size images on a canvas, URI for the Web Annotation here is set to the @id of the "resource", and fragment is represented by percent, rather than pixel.

IIIF Manifest Collections

Other formats as Web Annotation

また、2004年頃に実験していたImage Regions語彙によるRDF/XMLも処理できるようにしています。

Also, RDF/XML of Image Description Experiment in 2004 can be processed, which uses Image Regions vocabulary.

対応するApplicable Web Annotation


データの先頭が@prefixで始まる場合はTurtleとみなして処理します(内部的にいったんJSON-LDに変換してから処理するので、このツールにおいては効率は良くないです)。

If the text in the above form starts with @prefix, the tool will consider it as Turtle (not very efficient in this case, because the tool converts Turtle to JSON-LD internally).

やっていることHow things work (technical)