オーケストラ・ディマンシュ第18回演奏会

演奏団体
オーケストラ・ディマンシュ
開催日
2003年8月24日(日)
会場
すみだトリフォニーホール
指揮
金山 隆夫
曲目
  • レスピーギ: 教会のステンドグラス ―4つの交響的印象
  • サン=サーンス: 交響曲第3番 オルガン付
  • ウォルトン: 戴冠行進曲「宝玉と王の杖」 (アンコール)
メモ
「オルガンの響き」と題されたこの演奏会は、途中でオルガンについての説明や試奏が組み込まれたりして、トリフォニーのパイプオルガンの魅力を余すところなく発揮し、華麗で楽しいものとなった。サン=サーンスは弾いてみたいと思ってから四半世紀かかっての念願成就(ただし当日のメインは実はレスピーギ)。アンコールながら、思いがけずウォルトンが弾けたのも収穫だ。 (音楽雑記帖での戯れ言も参照)