メタ情報とセマンティック・ウェブ

This page is the table of contents of "The Intruduction to Metadata and Semantic Web". Most parts are written in Japanese, but everybody is welcome.

ウェブは人間が読むための「文書のウェブ」から、様々なデータを自在に発見して利用できる「データのウェブ」へと向かいます。セマンティック・ウェブと呼ばれる分野では、このデータのウェブを実現するために、表現のモデルや交換・共有を可能にするオントロジー、そして推論や頼性検証といった各レベルでの技術開発が進められています。メタデータを適切に与えることで、文書情報をこの「データのウェブ」に組み込むことが可能になります。

RDFグラフとリンクするデータ

リソースとメタデータの表現

語彙とオントロジー

メタデータの応用と提供

そのほか

最近の関連情報

planet masakaからセマンティック・ウェブ関連の最新メモ20件を取り出しています。過去の関連メモはRDF on Planet masakaを参照。

2022-05-13

2022-04-17

2022-04-16

  • LOD4Culture lod4culture.gsic.uva.es 地図上に世界の文化遺産を表示する。CRAFTSというAPIを使って一定範囲のエンティティをWikidataあたりに問い合わせているようだが、メッシュごとにクエリしているので初期状態の地図では結果表示に30秒~1分も待たされる。むしろLODは実用にならんと思わせてしまうのではという気もする (original post at )

2022-04-15

2022-04-06

2022-03-30

  • サーキット3+体幹+ラン30分(228Kcal、3.68Km)。読み物はTheAtlanticからImagine Saturn Without Its Rings 土星の輪は実は太陽光線などで分解されわずかずつ「輪の雨」となっており3億年ほどで消滅するのだという。その古さも太陽系と同じと思われていたがボイジャーの探索結果からせいぜい1億年と推定されるのだと。宇宙もいろいろ姿を変えている (original post at )

2022-03-26

  • 漢字を含んだpurlが生き返っているので、削除してしまっていた唐詩/漢字LODを復活させた。ぼちぼち訳も再開したい(☞参照) (original post at )

2022-03-24

2022-03-23

  • サーキット3+体幹+ラン30分(223Kcal、3.63Km)。読み物はNY TimesからThe Philharmonic Plans Its Return to Geffen Hall, With Fanfare リンカーンセンターのデイヴィッド・ゲフィン・ホール(2015年にエイヴリー・フィッシャー・ホールから名称変更したらしい)が予定より早く今年10月に改修を終え、NYフィルも来シーズンから本拠地に戻ってくると。ワインヤード型座席配置にしたということで、あのpartial view廉価席はもうなくなるのかな。懐かしい (original post at )

2022-03-17

  • G2GML: Graph to Graph Mapping Language for Bridging RDF and Property Graphs arxiv.org/abs/2203.06393 RDFグラフをPGに変換するためにSPAQRLを応用したマッピング言語G2GMLとPGの標準交換記述形式(テキスト型/JSON型)を提案。WikidataやDBpediaの変換例も。ISWC 2020での発表論文プレプリントを公開したもの。変換ツールは github.com/g2glab/pg テストサイトは purl.org/g2gml (original post at )

2022-03-16

  • The Vehicle Signal Ontology (VSSo) github.com/w3c/vsso based on COVESA VSS and making use of the SOSA/SSN modeling patterns 次世代カーの車両情報端末IVIで用いるVehicle APIのデータ標準らしい。車両情報サービス(Vehicle Information Service=VIS)仕様と並んでW3CのAutomotive WGで策定作業が進められている。ML経由 lists.w3.org...www-archive/2022Mar/0005.... (original post at )

2022-02-25

2022-02-21

  • Referential transparency and opacity lists.w3.org...public-rdf-star/2022Feb/0... あるRDF文Aについての情報を記述するRDF-starのような形で、(1)対象となる文Aの内容に関する情報は「透明」で、(2)トリプルそのものが対象なら「不透明」という考え方(Selective referential transparency):Aに"1520"^^xsd:integerとあるときに(1)なら"001520"^^xsd:integerを推論しても構わないが、(2)は異なるトリプルになるので不可だと。このためにtransparency-enabling property (TEP)なるものが導入されているが、それを糖衣構文で表現するというスレッドらしい(たぶん)(☞参照) (original post at )

2022-02-18

2022-02-14